楽しみだ!!by リン

震災から1年の昨日は福島に行っていました。
3.11 脱原発 福島県民大会に今度する保養プロジェクトのチラシを配りに行きました。
この大会はコンサート 黙祷 脱原発デモ行進をするそうです。
甲子園か!!ってくらいの人人人。
福島県内や県外からのボランティアも多いようで 私には政治的でエイエイオー!みたいな雰囲気がちょっと苦手。。。

客席とは反対側の草むらに座って考えていました。

来てる人はほぼ40代以上の人達。
「原発とかこれから日本を結構左右するのになんで若者がおらんのかなー。。」
前からちょいちょい思ってたことで 放射能は目に見えんし若い方が打撃うけるからなぁって思ってたけど 最近納得する答えが出た☆

それは「楽しそうじゃないから。」
楽しくないとこに人は集まらん。暗い悲しいだけじゃ そこに大きい問題があってもそーとーな真面目君じゃないと寄り付こうとせん。

この大会がロハスでゆるい音楽が流れてダンスできるよぅなイベントだったら若い人らも集まるだろう。
原発をなくさにゃってなると先が暗い大きな問題になるけど 自然派でロハスな国にしよー!ってなったら楽しそうでしょ。

出来る☆自分らが楽しんでたら じわじわ広がってく。

実際8月から放射能や福島でのボランティアしてて勉強会とか県に嘆願所提出とかしてきたけど 真剣にやってても気持ちばっか先行して問題点ばっか見てしまう。
勉強会でも不安になってむしろストレス感じるって意見とかもあって どう伝えていけば良いんか悩むこともよくあってね。
でも福島で除染をずっと続けてた同じ仲間が1月くらいに行き詰って くらーくなってしまってて自分らが楽しんでないことに気付いた。

「アホになろや。」って意見一致してから これからがワクワクした☆

てなわけで4月から「自然と遊ぼう保養プロジェクト」という名の1泊2日のピクニック始めます☆
除染は結果が見えてくるまで何年もかかるから それまでは子供メインでお母さん方と1カ月ごとに放射線が低い所に泊まって 自然の中で思いっきり遊んで体の中の悪いもの出し切って やりたいことやる☆太陽の力で料理したり BBQしたり かくれんぼしたり。

最近 ミニ太陽光発電を始めて 意外に文系の私でも出来たからどんどん広めていけるなって思って。エネルギー系のことって分かりやすいからやってみると面白いんだ。
原発は今 自然を活用できてないから頼ってるだけで 日本は自然が多いから今後減らすことはできるしね。これからきっと変えてける☆

今は資金がないからピクニックとかしか出来んけど その内おじさん方メインでしてる脱原発 県民大会みたいに若い子らで 脱原発 原始人になろうよって ファイヤーとか自然エネルギーだけでする音楽イベントなんかもしてみたいと思ってます。

3.11は大勢の方が亡くなって、今まで眠ってた問題も浮き彫りになった出来事だけどそれが教えてくれたことは たくさんある。
生きてる人たちが出来るのはこれからどう世界を変えてくか。亡くなった方達が安心して天国にいけるように、そして何に生まれ変わってもめっちゃ楽しみ!!って思えるような世界を作ることだと私は思う。

SEEDS OF HOPEのページ